心の中で陽と陰を繰り返しながら黙々と制作していると、何かが降りてくる瞬間があります。その時の感動を享受したくて今日も制作に励んでいます。

上野陽子